抜群のミネラル!おすすめの塩【究極の1選】

検索上位30サイトが最もおすすめする塩だけを集計し導き出した、究極の塩1選の調査結果を報告します

 

正常な細胞の保持、神経や筋の調整、食欲や味覚の正常化など生命の維持に欠かせない要素の1つとして「塩分」が挙げられます。

塩は動物性食品にも植物性食品にも属さない稀有な存在であり、砂糖や酢などの調味料とは違い塩を人工的に造り出す方法はありません
砂糖や酢の成分は、ほかのものでも補給することができますが、塩だけは代用物がない唯一無二の存在です。

 

健康に注意する場合には食事内容を検討する方がほとんどだとは思いますが、最も簡単な方法は調味料を見直すことです。
味噌や醤油など毎日使うような発酵調味料はその質を上げることにより体へダイレクトに影響します。
更に、最も料理の基礎となる塩や砂糖を見直すことは更に重要なこととなります。

 

そこで、Google検索で上位表示されるサイトの中からトップに選ばれた良質な塩だけを調査・集計し、最もおすすめできる人気でおすすめの塩究極の1選を選出したので参考にしていただければ幸いです。

塩の作り方と種類

 

塩の作り方と種類の説明

作り方や製法による種類は大きく3つに分類することができます。

精製塩

「イオン膜」と記載されているものが多く海水から電気分解により濃い塩水をつくり、その後煮詰めて精製します。

純度が高い塩なので本来含有している微量のカリウム、カルシウム、マグネシウムなどの必須ミネラルが含まれていません。

純度が高く必須ミネラルを含まない精製塩は高血圧の原因としても指摘されています。

再製加工塩

メーカーによって若干異なりますが主に精製塩にミネラル分やにがりを添加して成分調整した塩で精製塩に手を加えて自然塩を再現するような製法です。ミネラルを含み精製コストも下げることができるので手が出しやすい価格です。

天然塩・自然塩

「天日塩」「平窯塩」「岩塩・湖塩」などがあります。手間暇が掛かるため精製コストが高く大衆的な飲食店ではほとんど使われることがありませんが、他の塩と比べ人工的な関与が少ないためミネラル分が最も残存する精製方法となります。

 

ではここでおすすめの塩を検索してトップ商品だけをまとめていきます。

上位サイトのまとめのまとめ

[塩 おすすめ ランキングで検索] icon-search

塩 おすすめ ランキングで検索した結果
おすすめの塩を紹介している

上位30サイトの中から、ランキングトップだけを独自集計しその中でも最もおすすめされているサービス

をご紹介します。まずは、参考サイトと各サイトおすすめのトップ商品をみていきましょう。

以下のサイトを参考にしました

icon-【美味しい!】塩のおすすめ人気ランキング20選 | mybest
icon-ソルトマイスター直伝!料理がおいしくなる「塩」おすすめ24選 (2ページ目) – macaroni
icon-塩のおすすめ比較ランキング!美味しい人気商品は?【2018年】
icon-種類が豊富!本当に美味しい塩おすすめランキング | 塩専門ページ | ピントル
icon-塩おすすめ24選~プロが教えるスーパーでも買える国産・海外塩ランキング2018 |おすすめラボ
icon-野菜が美味しくなる塩のおすすめランキング【1ページ】|Gランキング
icon-塩・ソルトのお取り寄せ人気ランキング[おとりよせネット]
icon-ミネラルたっぷり!こだわりの塩おすすめランキング【1ページ】|Gランキング
icon-デリスタグラマーが教える「塩おすすめ15選」 | to buy [トゥーバイ]
icon-お塩の製法の違いとミネラル成分比較!オススメの塩もまとめました|心と体を整えるブログ
icon-沖縄の塩専門店で教えてもらった、おすすめの塩 5選  コラム chef-ri | シェフリ

各上位サイトが最もおすすめする塩がこちら
ノミネート
icon-bookmark-o博多の塩
icon-bookmark-o海の精
icon-bookmark-oアクアメール
icon-bookmark-oぬちまーす
icon-bookmark-o南の極み
icon-bookmark-oアルペンザルツ

以上が各サイトで紹介されていたNo.1の塩となります。

ワードがニッチなだけにヒットサイトがかなり少なめの検索結果となってしまいましたが集計結果は…

上位サイトのまとめのまとめ

おすすめの塩【究極の1選】は…

ぬちマース



国外の海水を仕様している商品が多い中、沖縄の海水を原料にしておりギネス認定されるほどの圧倒的なミネラル含有量が人気の理由です。サラサラとしていて湿気に弱い面もありますが、クッキング用のボトルタイプもあるのでキッチンに常備したい方は顆粒タイプやボトルタイプを選ぶようにしましょう。

塩の豆知識

野菜の豆知識

健康と減塩

最近では高血圧症の不安から減塩の商品を手にとる方も多くなりました。

しかし、一方で減塩による健康被害というものも注目されています。

減塩商品は添加物も多く、ナトリウム純度の高い精製塩がベースになっているものを「減塩だからいいか」と寧ろ多めに使用してしまうためです。

本来、日本食は発酵食品が多くワカメと豆腐の天然醸造味噌の汁だけでも良質なミネラルを十分に摂取することができていました。しかし、肉食が加わったことによるりナトリウム過多や純度の高い精製塩の誕生による必須ミネラルの摂取不足などが原因であることも多いようです。

食生活においても大切なのは偏ることのない自然なバランス感覚でありそれは塩にも当てはまるのかもしれません。