シミの原因はそのチーク!?油焼けも安心無添加チーク【究極の1選】

シミの原因はそのチーク!?油焼けも安心無添加チーク【究極の1選】
検索上位30サイトがおすすめするトップ無添加チークだけを集計し導き出した超おすすめ無添加チークの調査結果を報告します

 

 

食品などの添加物に対しては注意を払っていてもコスメに含まれている成分までチェックしている人は少ないと思います。

世界的にみても添加物規制の緩い日本では多くの添加物が使用されおり、原材料に含まれている添加物などには表示義務がありません。そのため、成分表示に記載されているよりも多くの添加物が使用されている可能性もあるなか、スキントラブルの原因として添加物が注目されている背景よりナチュラルに作られた商品も多く開発されています。

特にチークは肌荒れの原因となることも多いため現在使用しているチークで「添加物や肌トラブルが気になる」という方は、Google検索で上位表示される30サイトの中からトップ商品だけを調査集計し、最もおすすめできる無添加チーク究極の1選を選出してみたので参考にしていただければ幸いです。

一般的なチークの添加物

一般的なチークの添加物

一般的なチークにはタール色素パラベン、場合によっては紫外線吸収剤などが添加されています。また、練りチークともなると各メーカーによって様々ですがオイル系や合成界面活性剤乳化剤ポリマーなど更に添加物の量は増える傾向にあります。

チークと添加物の関係

無添加のチークを作り出すことは非常に困難です。凝固剤などを添加しないとブラシに付きすぎてしまい適量を調整することができません。また、プレスが甘くなるとチーク自体が粉っぽくなり使いにくくなることに加え、ユーザーの希望通りのナチュラルな発色や持続時間なども再現しにくくなってしまいます。

添加物を添加するほど即効性や再現性が得られますが、肌への刺激や様々なリスクが高まります。まさに添加物は諸刃の剣といっても過言ではありません。

タール色素のデメリット

食用では赤色〇号、黄色〇号、緑色〇号、青色〇号など食品には12種類のタール色素が使用されています。が、しかし化粧品には83種類もの着色料が使用されており、さらに食用としては使用が禁止されているタール系着色料が多く存在します。

赤色219号・黄色204号の不純物による黒皮膚病裁判(大阪化粧品被害賠償請求訴訟)などは有名な話ですが、発がん性などが認められ使用が中止になったり、海外では全面的に使用が禁止・自粛になっているものもあります。

青色1号・・・・発ガン性が確認されている。EC諸国では使用禁止
赤色2号・・・発ガン性の疑いあり。アメリカでは使用禁止
赤色104号・・・催奇形性発ガン性あり。諸外国で禁止
赤色105号・・・発ガン性あり。諸外国で禁止
赤色106号・・・発ガン性の報告あり。諸外国で禁止
赤色202号・・アレルギー性の接触性口唇炎の報告あり。
赤色219号・・・黒皮症の原因となる事が多い。自主規制対象
赤色404号・・・自主規制対象
赤色405号・・・自主規制対象
黄色204号・・・黒皮症の原因となる。
黒色401号・・・発ガン性の疑いがある。
色201号・・・紫外線で肌への刺激、発赤を起こす。(光毒性)
橙色202号
・・・紫外線で肌への刺激、発赤を起こす。(光毒性)
橙色203号
・・・アレルギー黒皮症の原因。発ガン性あり。
橙色204号・・・アレルギー黒皮症の原因。発ガン性あり。
橙色205号
・・・アレルギー黒皮症の原因。発ガン性あり。
橙色401号・・・アレルギー黒皮症の原因。発ガン性あり。
橙色402号
・・・アレルギー黒皮症の原因。発ガン性あり。
橙色403号
・・・アレルギー黒皮症の原因。発ガン性あり。
緑色3号・・・・・発ガン性の報告あり。アメリカやEC諸国では禁止
紫色201号・・・発ガン性の疑いがある。
紫色401号・・・発ガン性の疑いがある。

引用:「ドク・コンサルの健康塾」より

チークを塗る部分(頬)は顔の中で出っ張っている部分なので摩擦や紫外線による刺激を受けやすくシミや日焼けが目立つ部分です。タール色素を皮膚に常時付着させておくのは心配という方も少なくないと思います。そんな方は以下の商品を参考にしてみてください。

「無添加 チーク おすすめ ランキング」で検索 icon-search

おすすめの無添加チークランキングで検索した結果

おすすめの無添加チークを紹介している上位30サイトの中から、

ランキングトップの商品だけを独自集計しその中でも最もおすすめされている商品

をご紹介します。まずは、参考サイトと各サイトおすすめのトップアイテムをみていきましょう。

以下のサイトを参考にしました

icon-link敏感肌に優しいチーク12選を口コミ付で紹介!選び方や使い方も解説 …/Web皮フ科クリニック
icon-link肌が弱い、敏感肌やアトピーでも使える!肌にやさしいチーク・ほお紅 .../G-ranking
icon-linkオーガニック・無添加化粧品 チークおすすめ・人気ランキング /アイビューティストア
icon-link【楽天市場】無添加 チークの通販 – ジャンル一覧/Rakuten
icon-link敏感肌さんのための『チーク』の選び方|人生を変えるメイクアップ …/Amebaブログ
icon-linkリップチークのおすすめ人気ランキング10選【キャンメイク・ヴィセ…可愛いの …/mybest
icon-link敏感肌でもかわいくメイクしたい!オーガニックコスメのチーク特集 /MAKEBOOK
icon-link無添加 チーク 人気ランキング/通販のベルメゾンネット
icon-linkアイカラーもリップもチークもノンケミカル!ミネラルメイクのススメ/ずぼら美肌
icon-link安全な無添加口紅のおすすめはこれ!リップもグロスも天然成分で/私は無添加化粧品
icon-linkタール色素は危険?化粧品の口紅チーク、食用タール色素の安全性/ハピモノ
icon-link無添加チーク 通販 /Amazon – アマゾン
icon-link無鉱物油、タール系色素無添加など、お肌にやさしいメイクアップ用品を .../くらしのたのしみ
icon-linkアトピーでも使えるチークおすすめ / アトピーでも化粧がしたい!成分で選ぶ化粧品

※サイト中にメインワードを含まないサイト、どの商品が最もおすすめかわからないサイトなどは除外しています。色々なコスメアイテムをミックスで紹介しているランキングサイトは最も上位にランキングしているアイテムを抜粋しています。通販サイトはサイト内検索において「無添加チーク」をしていしトップ表示されているものを抽出しています。旧指定成分無添加コスメに加え、ナチュラルコスメやオーガニックコスメも含みます。

各サイトが最もおすすめする無添加チークがこちら
ノミネート
icon-bookmark-o24H パウダーチーク
icon-bookmark-oアクアアクア オーガニックプレストチーク
icon-bookmark-oフィジシャンズフォーミュラ ヌードウェアグローイングヌードブラッシュ
icon-bookmark-oトゥヴェール 楽天★ミネラルチーク2色セット
icon-bookmark-oMSbeauty リップチーク
icon-bookmark-o24h cosme テイストミーリップ&チーク
icon-bookmark-oM・A・C ミネラライズ スキンフィニッシュ
icon-bookmark-oハーバー ナチュラルカラーチーク
icon-bookmark-oエトヴォス ポンポンミネラルチーク
icon-bookmark-oEPORASHE シルキーブラッシュ 無添加チーク
icon-bookmark-oエトヴォス ベビーミネラルチーク

以上が各サイトで紹介されていたトップアイテムとなります。

シミの原因はそのチーク!?油焼けも安心無添加チーク【究極の1選】は…

24H
パウダーチーク


おすすめの無添加チークは24H パウダーチーク
自然色素のとは思えないほどの発色の良さ細やかなパールが入っていて、立体感・透明感が出せるのも人気の理由です。天然成分100%のチークが、頬の潤いをキープし乾燥しがちな頬に優しく色づきます。

無添加チークの豆知識

無添加チークの豆知識

シミとブラシの関係

タール色素の刺激で毎日肌が微細な炎症を起こし、防衛反応としてメラニン色素が残存した結果としてシミとなってしまうことがあります。また、防腐剤などで知られるパラベンもシミの原因になると言われています。人工的な成分の他にも柑橘系オイルなども原因となることがあるためシミが気になる方は必ず商品購入前に成分チェックや自身でもシミと成分の因果関係を調べるようにしましょう。

成分の他にもシミの原因に成りうるのが「ブラシ」です。刺激耐性の低い肌質の方は硬めのブラシを使用しているとそれ自体がスキンダメージとなりメラニンの生成を促していまう可能性があります。

「チークに使用しているブラシが硬いかな?」と感じた方は柔らかめのブラシへの変更も検討してみましょう。