コスパ最強なドライブレコーダー【究極の1選】

検索結果上位30件を参考にGoogle上のトップ商品から導き出したコスパ最強!ドライブレコーダー究極の1の調査をしました。

煽り運転や高速道路の逆走、災害など、我々の暮らしの中で車にまつわる暮らしが変わりつつあります。
昔から煽り運転や暴走行為というのは存在していました。
私も友人とのドライブの最中にドライバーが降りてきて揉めそうになったことがあります。
幸い、道路が広かったので脇を通過することができて事なきを得たのですが、もし完全に道を塞がれていたら・・・と思うと恐ろしくなります。

昔は暴走族などの集団が存在していましたので信号無視や逆走だけでなく、暴力事件などもありました。
友達の弟が暴走族と揉めて数十万円の請求をされて連日自宅をバイクの若者に囲まれるという事態があり、道路上でオラついてくる人たちを生理的に受け付けられません。

2019年の現在では堂々と信号無視や暴走行為をする若者がいなくなりました。
最近では煽り運転や勘違いによる逆走行為といったものが取り上げられるようになりましたね。
時代の変化に伴い、小さな悪から大きな悪へと変化したのかなと感じています。

煽り運転は通報されて事実が確認されると一発免停になることもあるようです。
車を運転している際のトラブルにおいて、心強い味方となってくれるのがドライブレコーダーです。
自分や家族の安全を証言してくれる大事な証拠として過失を判断しやすくなります。

ドラレコは何を基準に選ぼう?

 

ここ三日間で30件ほどドライブレコーダーの人気まとめや、ランキングを行っているサイトを閲覧しました。
選ばれていた製品は5選から20選と途方もない数でしたが、全てを細かく吟味するわけにはいきません。
その中から私が選ぶ基準にしたのは映像の質と解像度、そして衝撃による録画機能です。

録画される映像の視野の広さと画像の鮮明さ、出力される動画のサイズなどを基準にするのが良いでしょう。
何かあったときの証拠として使いますので、ナンバーや顔が分からない画質の粗いものですと付けている意味がありません。

画素数とフルHD

画素数とは画像の鮮明さのことです。
多ければ多いほどくっきりハッキリします。
ドライブレコーダーの場合ですと、200万画素以上のものが一般的です。

フルHDという言葉をよく聞きますが、解像度(出力したときの映像の大きさ)のことを指しています。
1920×1080という大きさで、Youtubeなどで使われている一般的なサイズです。
任意のタイミングで撮影できる機種もありますので、桜や紅葉などを楽しみにドライブに行って景観の撮影もできます。
災害のあった被災地では昔の町並みがドライブレコーダーの映像に残っていて、思い出に浸る場面もあったようです。

ちなみに余談ではありますが、私の視力の画素数は30万画素くらいです。
ピントも合わないのでガラケーよりも性能が低くて困ります。

衝撃関知の録画機能

雨の高速道路で前の車に水しぶきをザバーっとかけられた経験ありますよね。
個人的に移動中の車内で叩き起こされる音No.1です。

水しぶきザバーの衝撃でもセンサーが反応して撮影が始まるという機能がついているものがあります。
衝撃が発生した直後からではなく、衝撃が発生する10秒前などから録画がスタートするので事故の際にも安心です。

ここ数年でドライブレコーダーの値段も下がってきて、ずいぶん手を出しやすくなりました。
安いものでは数千円からあり、最高でも3万円ほどでした。
しかし、その分種類も多くあったため調査は難航しました。

検索に検索を重ねてコスパ最強なドライブレコーダーのランキング調査結果を発表します。

コスパ最強!ドライブレコーダー究極の1選は

Kenwood(ケンウッド)
DRV-830

各製品、性能そのものに大きく差はありませんでしたが映像の鮮明さと耐久性の評価が高いDRV-830を究極の1選としました。
2スロットのmicroSDXCのおかげで一方を指しっぱなしにしておいて、もう一方を持ち帰ってチェック可能です。
2つのスロットを使って長時間録画に対応しています。
microSDXCは128GBが3000円ほどで購入できます。
また、付属品には16GBのmicroSDXCが付いています。

ドアの開閉や水しぶきによる些細な衝撃で録画が作動してしまうのが少々難ありですが、GPSも付いていて機能面で不足することはありません。
型落ちとはいえ、2017年発売のフラグシップモデル。
現在、比較的安価に手に入るものの中では随一の画質を誇っています。

あと2万円ほど追加する経済力があるならば衝撃感知に加えてWi-Fi機能前後撮影に対応したものの方が良いでしょう。

 

ノミネート商品

今回紹介した商品以外の人気製品一覧です。

icon-bookmark-oコムテック ZDR-015
icon-bookmark-oコムテック HDR-352GHP
icon-bookmark-oコムテック ZDR-022
icon-bookmark-oPAPAGO GoSafe 30G
icon-bookmark-oユピテル WD300
icon-bookmark-oKenwood DRV-MR740
icon-bookmark-oKenwood DRV-325
icon-bookmark-oアサヒリサーチ Drivemen GP-1
icon-bookmark-oカロッツェリア(パイオニア) ND-DVR40
icon-bookmark-oAPEMAN RB-C550-JP
icon-bookmark-oAPEMAN C860

ドラレコで助かる場面

ドラレコ豆知識

事故

追突したとき、追突されたときの過失の証拠として使えます。
そのため、前後両方にカメラがあるものを選ぶ方も多いようです。
今回紹介したドライブレコーダーは前方録画のみ対応です。

煽り運転

後ろにピタッと貼り付いて煽ってくる運転手がいる場合、後方にカメラがついているものでないと煽り運転の証拠として残すのは難しいかもしれません。
しかし、前方に回り込んで無理に車を止めるなどの危険運転の場合であれば、前方のドラレコで撮影が可能です。
相手のナンバーだけでなく顔や車種などがハッキリと撮影できれば、煽り運転、危険運転の証明ができるでしょう。

人や公共物との接触

触れたかどうかの証拠になり得ます。
衝撃感知タイプであれば、接触時の衝撃でドライブレコーダー側に残るからです。

災害時の手がかりに

GPS機能がついたものであれば災害が発生したときに自分たちが何をしていたのか、どこにいたのかを把握することができます。
少しでも情報が残っていれば、何かの役に立つこともあるかもしれません。

防犯対策

不在時の車へのイタズラの様子も撮影できる可能性があります。
ぶつけたり、こすったりと当て逃げされる場合に役に立ちます。

観光時の撮影に

ドライブレコーダーは事故や災害というネガティブなものだけでなく、普通のカメラとして使うことも可能です。
テレビ番組のような車での旅にも使えるかもしれません。
動画として保存が出来るので思い出作りにも役立てることができます。

たくさんのメーカーが様々なドライブレコーダーを発売しています。
みなさまの参考にしていただければ幸いです。

以上、究極の1選の報告を終わります。

[ドライブレコーダー おすすめ ランキング] で検索icon-search

ドライブレコーダー

以下のサイトを参考にしました

icon-link2019年》人気のおすすめドライブレコーダーはこれ!選び方のポイントは4
icon-link2019年最新版】ドライブレコーダーのおすすめ人気ランキング10選【コムテック・ユピテルなど】
icon-linkドライブレコーダーの選び方ガイド&おすすめ12選|価格帯&機能で比較
icon-link【録画範囲・価格 何で選ぶ?】ドライブレコーダー おすすめ16選&選び方

サイト中にメインワードを含まないサイト、どの商品が最もおすすめかわからないサイトなどは除外しています。色々なアイテムをミックスで紹介しているランキングサイトは最も上位にランキングしているアイテムを抜粋しています。

以上が上位サイトで紹介されていた商品となります。